「脳内アウトプット術」を身につけよう 〜イラスト&グラレコ講座準備編【CO-SAKU Learning:人生に役立つライフハックを学ぶ】

「CO-SAKU Learning:人生に役立つライフハックを学ぶ」講座を新たに始めます! 「ライフハック」とは一般的に、仕事などで効率や生産性を高めるための工夫・取り組みをさす言葉として使われていますが、本企画では「自分らしく、主体的に人生を過ごすための手助けになるスキル」という意味合いで使っています。ビジネススキルというよりライフスキル、資格で示されるようなかっちりとしたスキルというより人それぞれの個性や感性を活かしたライフハック、そんなテーマを扱っていきたいと思っています。第一弾のテーマは「脳内アウトプット術」。高校生以上から大人まで受講いただけます。
※都合により、2023年1月22日(日)に開催日を変更させていただきます。

「脳内アウトプット術」は人生に役立つ「ライフハック」

本講座は、自分の頭の中にある情報を整理してアウトプットする「脳内アウトプット術」を身につける内容です。イラストを描く楽しさ&自分の脳内を図化してわかりやすく伝える方法を学びます。仕事の場で、家族間のコミュニケーションで、進路を決めるような人生の岐路にたつ時など、「自分の考えを整理して、人に伝えなくてはならない時」に大きな助けとなるスキルです。個性を大事に、楽しみながら、一緒に学びましょう。

●主な内容
(1)イラスト、図を描くことに慣れる
(2)文章を図化してみる/自分の脳内を図化してみる
(3)簡単なグラレコ体験=他人の話を図化してみる

●めざすゴール
・自分の脳内を整理して図としてアウトプットし、他人に自分の考えをわかりやすく伝えられるようになる
・手を動かしてものを描く楽しさを体感する(絵のうまい・ヘタは関係ない!)
・グラレコ(=他人の話を図化する)の触りも体験してみる。

●こんなお悩みをお持ちの方におすすめします
・自分の伝えたいことが伝わらない、わかってもらえない(気がしている)
・自分の考えていることや意見を、うまくアウトプットできていない(気がしている)
・自分の考えていることや意見を、シンプルに伝えたい(伝えたい気持ちが前に出て長々と説明してしまいがち)
・テキストだけの情報共有に不安がある(事実と併せて、背景にあるニュアンスや空気感も伝えたい)
・議事録を「読まれる、情報共有できる記録」に改善したい(共有すべき情報が伝わるようにしたい)
・グラレコの技術を身につけたいが、絵心がない、センスがない(と思い込んでいる)

なぜ「イラスト&グラレコ講座」の<準備編>?

「グラフィックレコーディング(グラレコ)」とは、その名のとおり「グラフィック(絵)でレコーディング(記録)をする」ことです。会議やセミナーなどで参加者の理解を深め対話の促進に貢献する効果が期待され、注目されているビジネススキルで、身につけたい方も多いと思います。本講座の「脳内アウトプット術」は、イラストを描くことや図化することに慣れながら、自分の頭の中を整理し図化するスキルです。このスキルを先に身につけておくことで、他人の話を図化するグラレコスキル習得へのスムーズなステップアップが期待できます。今後、準備編受講後のステップアップ講座も、ご要望に応じて開催予定です。

教えてくれるのは、小久保あけみさん(デザイナー・イラストレーター)

大手SIerでエンジニアとして、クライアントの業務ヒアリング・業務フロー作成支援を8年間担当。その後デザイナー・イラストレーターに転身し、デザイン会社を設立。現在、多数クライアントを持ち、エンジニア時に身につけた傾聴スキル・図化スキルとデザインスキルを掛け合わせ、グラレコやグラレコ講座講師も請け負われています。「このスキル(=脳内をアウトプットして図化する)のおかげで自分自身が仕事で助けられることが多いので、もっといろんな人にコツを掴んで活用してほしいなあと思っています」と小久保さん。講座内で、経験談もお聞きしてみたいですね。 WEBサイト:「聴くと描く」

開催概要

日 程
2023年1月22日(日)10:30-14:30
定 員
6名
対象者
高校1年生以上〜大人
参加費
12,000円(税込)

※最小開催人数は3名です。開催前日の17:00で受付締切りとさせていただきます。
※機材や工具などがある環境のため、安全面を考慮し、歩きまわる未就学児のお子さんの入室はご遠慮いただいています。
※ビル下の駐輪場や駐車場はご利用いただけません。近隣に公営駐輪場やコインパーキングがありますので、そちらをご利用ください。

【持ち物】
・手描きの場合:色つきの水性ペン(黒+色何本か) コーサク室にも少しご用意があります。
・タブレットをご利用の場合:ご自身が使いやすいお絵かきアプリを事前に入れてお持ちください。色が4色程度使えるアプリなら何でもOKです

<参考>
・iPadの場合、元々入ってる「メモ」アプリが結構使えます。
https://support.apple.com/ja-jp/guide/ipad/ipada87a6078/ipados
・講師は「Procreate」という有料のお絵描きアプリを使用予定です。
https://apps.apple.com/jp/app/procreate/id425073498

お申し込みは「Peatix」ページへ