運営会社

profile

商号

一般社団法人CO-SAKU谷

設立

2020年2月

所在地

155-0031 東京都世田谷区北沢2-3-3 第2友和ビル2F
メール:info@co-saku-dani.com

事業内容

「CO-SAKU 谷(コーサクダニ)」という名前には、

  • 「工作」
  • 「(人とコト、人と人の)交錯」
  • 「共に創る(CO-Creation)」
の3つの意味を込めています。子ども×大人×学生が、自分で決める、共に経験しながら学び、皆で創り出す機会を生み出す、セミパブリックな場の提供を目指しています。
主な事業は、下記のとおりです。

工房施設「シモキタ FAB コーサク室」の運営

3Dプリンターやレーザーカッターなどデジタル工作機器、木工機材、ミシン、そのほかものづくりの機材や 道具、素材を備えた会員制 FAB スペースを運営します。「FAB」とは、"Fabrication(作ること)"と"Fabulous (素晴らしい)"の意味が含まれる造語です。インターネットとデジタルファブリケーションの結合によって 生まれる、新たなものづくりを指します。

ここは先生がいて教える「工作教室」ではありません。「つくる」を 共通テーマに大人も子どもも自分のペースで、ここに集う人と共に、前述した3つの「コーサク」を経験し学 ぶことをサポートし、自走するコミュニティを醸成します。

「つくる」をテーマにしたワークショップやプロジェクトの実施

様々なものづくりのワークショップやプロジェクトを実施します。期間をかけてじっくり行うプロジェクト(例:ロボコンプロジェクト)は、サポートはあっても先生はなし、 製作プロセスの進め方やゴール設定は自分で行います。共に工作に取り組むことで年齢や職業を超えて関係性 を築き、共に創り出すチームとして、製作からアウトプットの舞台(例:ロボコン世界大会など)を経験する ことを特徴とします。

コーサク室で作るだけでなく、相談や情報交換をオンラインで行う機会ももうけています。これは、コーサク室での工作にはつきっきりになれない保護者がオンラインでは傍らで一緒に聞くことができ、子供の考えてい ることを知ったり親子で学んだり、という効果をもたらしています。また、ここで築かれる関係性は、新たなプロジェクトが自発的に生み出される土壌ともなっていきます。

ワークショップは、ものづくりはもちろんのこと、Adobe Illustrator などのデザインデータ作成や、プログ ラミング、気軽にチャレンジできるスタートキット(レーザーカッターを使ったハンコ作り、3Dプリンターを使ったコマづくりなど)など、スキルアップの起点になるものを用意します。ワークショップ経験後にはコ ーサク室の機材を利用して自分で作り進めることができ、継続した学びやスキルアップにつながります。

出張工作室の運営

外部の施設や会場で、時に企業や教育機関等とコラボレーションをしながら、ワークショップやプロジェクトを開催します。
外部で開催することで、3つのコーサクを経験する人を増やすこと、多様な交わりを生み出すこと、限られた時間と機材や材料で工夫する力を養うことなどを意図しています。また、「シモキタFABコーサク室」のようなコーサク室を作りたいという要望に対し、体験機会をつくることにもつなげています。

ワークスペースの運営

「シモキタFABコーサク室の一部をワークスペース」として提供します。親子が、同じ場所で各々の過ごし方 ができ、子どもを見守り合う安心と、多様な人たちとの交錯を促します。

仕事に集中する環境を特徴とする昨今のコ・ワーキングスペースとは異なり、リモートワーカーだけではなく、社会との関わりが薄くなってしまいがちな主婦/主夫の情報交換やスキルアップの場、子どもだけがプログラミングなどの新しい知識を身に付けるのではなく、子育てをする保護者、特にプログラミングなど新しい技術への関心や知識を持ちづらいお母さんたちも、子どもの傍らで一緒にスキルアップデートができる場、といった役割を果たします。STEAM教育の分野など、新しい学びへの保護者の理解促進は、子どもの選択肢を増やすことにつながります。

また、子どもたちが親や先生以外のさまざまな大人と関わること、仕事をする姿に触れることは、学校や習い事では得られない、社会への関心、接点・関わりを生み出すきっかけになります。