案外ムズイぞ、ギヤボックス

こんにちは! CO-SAKU谷の高橋です。
先日のKICK OFFを皮切りに、ロボコンの夏がスタートしました。

今日は技術サポートのない日だったのですが、朝から来てくれた子どもたち。
ギヤボックスに苦戦している姿を見たVIVITAエンジニアが(別件で打ち合わせに来ていたのです)、飛び込みサポートしてくれました。この方、実は、VIVIWAREの生みの親とも言える人です。

その後、技術サポートがなくなり、自分たちだけではできないことが出てきて、どうするかなーと見ていたら、「じゃあ、研究するっ!」と、2年前のロボコンの動画を見はじめました。

アームの形やロボットの操作を研究し、自分の作りたいロボットを頭の中でイメージしていた様子です。午後からは、大学生サポーターが急きょ駆けつけてくれました。

苦戦していたギヤボックスも、なんとか進められて、1個完成!

こちらは、部品を8個一気に作図。残りあと5個らしいです。

「今、何やってるの?」
「ここまで来たよー」
「すげー」
「でも、まだギヤボックス一個作ってない」
「オレ、今2個目」
「おー、すげー」

ということで、朝から15時ごろまで頑張りました!

まるるも、お着替えなんどもしてもらいました!

では、また!

 

案外ムズイぞ、ギヤボックス